家庭教師アルバイトについての情報が盛りだくさん!!

カテキョバイト

個人契約とは

家庭教師を、個人でやっている人や知り合い、親族に頼むものを個人契約といいます。中間業者を挟まないので、費用を抑えることができ、抑えた費用の一部を家庭教師側の時給アップにまわせるので、お互いにメリットがある方法です。 受験の期間だけなど短期間のお願いも可能です。知り合いに、「実績のある」受験にも詳しい家庭教師がいるなら、受験対策に頼んでみるとよいでしょう。 また、コンビニや公共的に使える掲示板などに家庭教師を引き受ける広告を貼って個人契約をする学生もいます。料金的は、時給1,600〜2,000円が相場ですが、一流大学生なら時給2,000〜3,000円くらいです。 個人同士の契約なので、気持ちよく契約してスムーズに学習に取り組めるよう、提示額が妥当な教師を選びましょう。

家庭教師派遣業者と個人契約

家庭教師派遣業者から派遣された教師とお子様との相性がよく、成績も上がってきたので高い家庭教師業者との契約をやめて、教師と直接個人契約をするということも聞きます。しかし、規約違反につながり、多額の違約金を取られることが多いので、派遣のままの方がいいでしょう。気をつけたいのが、個人契約をうたった家庭教師紹介業者です。紹介料はもちろん払いますが、高額だけど大した内容でもない教材を売りつける業者もいます。 契約前に教材の売買や追加料金が無いか確認した方が安全です。

個人契約ならお試し期間を

家庭教師の個人契約のデメリットとしては途中解約や家庭教師の変更が非常に難しいということです。頼んではみたものの、子供との相性が悪く、成績も一向に上がらないとか、受験に対する意欲もわかない、遊んでばかりでまじめに授業をしていないといったときに、契約の破棄を申し出るのは、家庭教師本人に対してです。これは非常に言い出し辛いと思います。従って最初の見極めが大切です。お勧めの方法としては、こちらで「試用期間」を設けることです。最初の面接時に、例えば「1ヶ月間を試用期間とする」と決めます。 その試用期間で判断して、継続か終了かを決めるという方法です。もし、試用期間という話を出し辛いのであれば「子供との相性はやってみないと分かりません。 まず1ヶ月試して子供に選んでもらうという方法でよいか?」とのように、“子供に選ばせる”というスタンスでしたら話を切り出しやすいと思います。そして試用期間が終わり、継続を希望する場合は連絡をする、としておけば、わざわざお断りの電話をする必要もありません。家庭教師の個別契約は、いい家庭教師に恵まれれば、お互いにメリットばかりです。ただ、選択できる人数が少なくて見つかりにくいのが欠点です。しかし、インターネット掲示板やSOHOサイトで募集することもできるので、場合によっては見つかりやすいかもしれません。インターネット越しなら契約前に質問して条件などを煮詰めやすいので、お勧めな方法です。

おすすめWEBサイト 5選

川越を中心に結婚式場を探す

住所貸しを行う企業を探す

南部せんべいを買う

最終更新日:2018/5/24

Copyright:(c)2008 カテキョバイト. All rights reserved.